[追記]古い記事なので、今でも使えるかちょっとわかりません
[追記]windowsXP以外でできるかわかりません

デスクトップにカレンダーを表示するソフトはたくさんあるが,「outlookは使いたくない」「google desktopは使いたくない」ということで,Rainlendarを使いました. たぶんrainlendar有料版なら簡単に設定できると思うので,そっちを使ってもらってもいいのですが,自分は無料版でやっています.

併用するソフトは,GCALDaemon

まず,rainlendarをインストール.Downloadrainlendarからダウンロードしてインストール.

次に,rainlendarの日本語化をする.Download → languagesからダウンロードしたら勝手にインストールできたと思う.

そして,rainlendarの再起動.デスクトップのrainlendarを右クリックして,refreshでよかったと思う.

次に,GCALDaemonのインストール.読んでもらえばわかるが,ここのwindows installerから最新のものを選べばいい.

で,インストールしたら,まずインストール先のフォルダ「GCALDaemon」→「bin」を開いて,「password-encorder.bat」を起動します.

ここに自分のgmailのパスワードを入力すると,パスワードをエンコードしたもの(長い文字列)が表示されるので,それをコピーします.

次に,「GCALDaemon」→「conf」を開いて, http://gcaldaemon.sourceforge.net/usage2.html#topにあるように設定していきます.

これで,設定が終わったら保存して,「GCALDaemon」→「bin」から「standalone-start.bat」をダブルクリック.

ここまでで,GCALDaemonフォルダ下に「google.ics」というファイルが作成されたはず.

そしたら,デスクトップ上のrainlendarを右クリック→オプションから,「カレンダー」の「iCalendarフォーマット」にさっきの「google.ics」のパスを通してやればOK.