Apple iTunes 5.0
Image by cd.harrison via Flickr

iTunesサーバーがあれば、同じネットワークにあるPCがiTunesを起動すると、iTunesサーバーの持つ曲を自由に再生できるようになります。

つまり,自分が立てたiTunesサーバーに入れた曲を,家族がPCを付けてiTunesを起動するだけで再生可能になります.なかなか便利.

まずは余っているPCに,必要であればHDDを増設して,linuxを入れます.

で、mp3を再生できる環境を整えます.

で,iTunesサーバーはfirefly(mt-daapd)というものが使えます.

ubuntu,debianであれば

sudo apt-get install mt-daapd

で導入は終了.

もしかしたらmp3を再生するためにいくつかライブラリが必要かもしれません.

あとは,設定を行います.

sudo vim /etc/mt-daapd.conf

と,vim などのエディタで設定ファイルを開き,

音楽ファイルを置く場所を

mp3_dir = /home/music/

など好きなディレクトリに書きなおします.

iTunesから見える名前は,

servername = jun's music

など設定を変えられます.

設定を変えた後は

sudo /etc/init.d/mt-daapd restart

で,リスタートすると設定が反映されるかと思います.

曲がうまく認識されない場合は,

  • 曲を置いたディレクトリの場所の設定
  • 曲を置いたディレクトリのパーミッション
  • 曲(mp3)のパーミッション

などを確認してみる.

Reblog this post [with Zemanta]