kestrelのセットアップについては以前の記事を参照してください。

以下では、JavaのプログラムからKestrelのキューを利用する方法を説明します。

Kestrelは、memcachedプロトコルで利用できるので、memcachedのライブラリなら基本的に大丈夫だと思います。
でも、kestrelに対応しているというところと、パフォーマンスがよさそうなところから、Xmemcachedというライブラリを利用します。

参考:

Xmemcachedのダウンロード

JavaプログラムからKestrelを利用するために、Xmemcachedというmemcached用のライブラリを利用します。
http://code.google.com/p/xmemcached/downloads/list からxmemcached-1.3.5-bin-with-dependencies.tar.gz をダウンロードして利用します。

プログラム例

こんな感じで使えます。

import net.rubyeye.xmemcached.MemcachedClient;  
import net.rubyeye.xmemcached.XMemcachedClientBuilder;  
import net.rubyeye.xmemcached.command.KestrelCommandFactory;  
import net.rubyeye.xmemcached.exception.MemcachedException;  
import net.rubyeye.xmemcached.utils.AddrUtil;

(略)
{
    private XMemcachedClientBuilder builder = null;
    private MemcachedClient client = null;
    int expirationTime = 0;
    String queueName = "test";
    Striing host = "localhost";
    int port = "22133";

    builder = new XMemcachedClientBuilder(AddrUtil.getAddresses(host + ":" + port));
    builder.setCommandFactory(new KestrelCommandFactory());
    client = builder.build();

    client.set(queueName, expirationTime, "hello");

    String res = client.get(queueName);
    System.out.println(res);
}

参考:

エラーが出るときは、ketrelの設定を確認してみてください。

docs/guide.md at master from robey/kestrel - GitHub