メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

メルカリは結構簡単に売れると聞いたので使ってみた。 1つ出品して結構学びがあったので、流れを書いておく。

出品まで

  • たしかにスマホで写真撮って説明書くだけなので、売るのは簡単だった
  • メルカリの手数料と送料を考えて値段を決める
  • メルカリが取るのは、代金の1割
  • 送料は込みにするか別にするか選べるけど、込みの方が買う人は安心だと思う

今回は17000円で出品した。

出品後

  • 出品したら、欲しい人はコメントで値段交渉してくる。

    • 購入ボタンをすぐに押すんじゃなくて、購入してもいいか確認を取る文化らしい。買ってもいいか出品者に聞いて、その際に値段交渉もする感じ。
  • 15000円で即決どうでしょうか、と早めに言ってくれた人がいた。今思えばここでOKしとくべきだったが、他にも交渉中の人もいたので1日待ってと返答。その後返答なく流れる

  • その後いくつかコメント来るものの購入までいかず

  • 5日後に出品金額を3000円下げる。(14000円)

  • 12000円なら欲しいという人が来る。もうこの金額でもいいから売ろうと思う
  • 12400円出すという人が現れる、ではその金額でお願いします、となる。

購入者決定後

  • 今はお金が手元にないから5日後の購入すると言われる
    • やや不安だったがOKする
  • 専用にしてくれたら絶対に買う、と言われる
    • メルカリを見てもらうと分かるが、XX様専用、と書いてある商品が結構ある。理由はよく分からないが、商品名を変更してXX様専用にした
  • 11900円にならないか、と交渉される
    • 12000円より多く出すって言ったからこの人にしたのに・・・と思いつつ、もう売ってしまいたかったので 12000円まで下げる。相手も納得した。
  • 5日後にちゃんと購入してくれて、お金も(メルカリに)払ったと通知が来た

購入後

  • いくつか商品の送り方が選べる。ヤマトの集配所が近い人はメルカリ便というのが楽らしい。
    • 自分は近所のファミマから送れる「はこBOON」というやつで送った。
  • 相手に無事に届き、お互いの評価をつける。

感想

結構見てくれる人が多いのはよかった。購入まで行かなくても反応は多かったので、需要があるものを適切な値段で売れば、買ってもらえる感じはする。

ただ、独自の文化ができつつあり、コメントのやりとりが少し面倒かも。さっさと買ってくれよ、と思う。値切りされる前提での価格設定が必要かも。また使ってみようと思います