Wordpressのアップデートと古いblogの記事移転

Wordpress3.0導入 と 古いブログのマージ。 古いブログのRSSをsubscribeしている人もこれからのfeedが届くのかもしれない。 移行めも。 Wordpress3.0にしたかったんだけど、使っているレンタルサーバのMySQLのバージョンが4.xだったからできずにいた。 でも実はレンタルサーバでMySQL5.1も利用可能だったので、MySQLのバージョン変えるところからやりました。 レンタルサーバーではphpmyadminのインターフェースがあったので、そこからdbをSQLでエクスポートして、WordPressの管理画面からデータもエクスポートして、データベースを削除して、新たにMySQL5.1でデータベース作って、さっきエクスポートしたSQLをインポート。 しかしここでsame database exitsのエラーが。 ということで、エクスポートしたSQLをエディタで開いて、"CREATE DATABASE *"の部分をコメントアウト。 またインポートしようとすると今度は USE dbname の部分でsql構文エラーが。 エクスポートしたSQLのdb nameがbackquoteで囲まれていないのが原因で、 USE dbnameに修正。 これでインポート成功。 あとはwp-config.phpのdb serverを書き換え。これで今まで通りになった。 あとはWordPressの管理画面からWordpress3.0-jaに自動アップデートを実行。これもうまくいった。 で、このブログの前にやっていたブログが少しアクセスがあるけど放置状態だったので、そこの記事をこのブログにマージすることに。 前のブログもwordpressで、記事へのurlのパーマリンク設定が同じだったからできました。 まず古いブログでWordpressから記事のエクスポートをして、…

MacにMySQL入れた

ちょっと必要があったのでMySQLをMac Bookに入れました。 いろんな手段があると思うけど、port使って入れた。 自分で言うのもなんだが、適当なのであまり参考にしない方がいいかもです。 $ sudo port install mysql5 これだけだとmysqlのコマンドが使えなかったので sudo ln -s /opt/local/bin/mysql5 /opt/local/bin/mysql をやります。 どうやって起動するのかよくわからなかったが、なんかさっき入れたのはサーバじゃないかも、と思い、 $ sudo port install mysql5-server をやったところ、少しメッセージが出ました。 # A startup item has been generated that will aid in # starting mysql5-server with launchd. It is disabled # by…

mysqlのテーブルの保存とコピー

たまにやるのにやり方いつも忘れるから自分用にメモ. テーブルをそのまま別のPCのデータベースに移したいときに使います. 別のやり方もあると思うけど,個人的にはテーブルの作成からやってくれるこの方法が好き. mysqldump --u [user_name] --p --database [db_name] --tables [table_name] > output.sql これでテーブルの内容を,output.sqlというファイルに出力することができます。 ファイルをlessなどで見れば,内容がわかると思います。 これを他のデータベースに挿入するには, mysql -u [user_name] -p [db_name] でOK。…

MySQLでautoincrementを1に戻す

MySQLでautoincrementを1に戻すSQL.忘れてしまうので自分のためにメモ ALTER TABLE テーブル名 PACKKEYS =0 CHECKSUM =0 DELAYKEYWRITE =0 AUTOINCREMENT =1; これはレコードを全部削除したあと(delete from テーブル名;) に行います…